かなり円量潮流が止まらないのが気になっています

少し前から外貨預金をしています。保有しているのは豪ドルとニュージーランドドルです。外貨預金を始めることになった引き金は、元々低かった日本円の金利が再度低いことです。日本円よりも金利の厳しい外貨での運営に魅力を感じました。
外貨預金を開始してからは、毎日為替率を注視するようになりました。円安になるのを心待ちにしているのですが、かなり希望の向きに賭けが動いてくれません。最近は、円量が進んでいくばかりです。もうアメリカで金利の片付けが行われるかもしれないと思っていたのですが、お流れになり、円が高騰しました。おまけに、英のEU脱却ジレンマの関係で円買いが進んでさらに円量が進行しました。そのうち1米ドル100円を切ってしまうのではないかという気配まで感じられます。
円安向きに流れを変える要因はまずまず見当たりません。当初は取り急ぎ円を売ってしまおうと考えていたのですが、こういう様子だと、そこそこ長い期間にわたって外貨のままにしておくほうが良さそうです。福岡の税理士法人と契約中です

読み聞かせボランティア

子供が通っている小学校で読み聞かせのボランティアをしています。子供が幼稚園のころも同様に読み聞かせサークルがあったのですが、子供とはいえ人前でなんて…と思って当時は参加していませんでした。Father and daughter laughing and bonding

子供が小学校に入り、ちょっとしたきっかけで読み聞かせをするようになったのですが、始めてみると子供達は意外に集中して聞いてくれてやりがいがあります。

特に面白い本を読むと子供達の反応がよく、キラキラした表情で聞き入ってくれると嬉しくなってしまします。

毎回どんな本を読み聞かせしようかなーと図書館で色々探すのですが、その中で面白い本をたくさん見つけられるので、自分自身も楽しいですし、また自分の子供も一緒に図書館に行くので自然に本になじんでくれている感じがします。

ボランティアをすることで学校に行く頻度も増え、子供の様子も少しはわかるし、先生とコミュニケーションも取れるようになったので、思い切って始めて良かったなーと思います。